スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2011'12.06 (Tue)

消火器リサイクル事業について比べてみた

こんにちは。

冬らしくなり、今日は一段と寒いですね~(震)

ブログ更新をすっかり・・(というか、半ば意識的に)怠っておりました。

更新を楽しみにしてくれていた隠れたファンの皆様、大変申し訳ございませんでした。


さて、しばらくぶりに『消火器リサイクル事業サポート』について。

以前も申し上げましたが、「消火器リサイクル」に関連したキーワードにて当ブログを訪問下さる方々が多く、本当にありがたいことです。

ずいぶんとマイナーなカテゴリーとなりますが、それに関する記事を書いてきたからこそ当ブログの存在意義を確認することができるのだと思います。

読者の皆様へ、多謝。



以下に、広域認定制度システムと廃棄物処理業者が行う従来からのシステムの比較を述べます。

1.リサイクルシステム

[広域認定制度]

消火器工業会(消火器製造事業者)をはじめとする消火器取扱事業者で構成され、広域的にリサイクルが行える。
「廃棄物処理法」の廃棄物処理業許可を不要とする、環境大臣認定の“特例制度”(これが環境省からダメだしされる原因となりましたが、、)

[廃棄物処理業者]

厳密な適格要件を満たした業者が行うためコンプライアンスは確保される。
各地方公共団体の管轄下のため広域性はない。


2.リサイクルの方法

[広域認定制度]

回収後、分解・分別され、鉄・アルミ等の資源として再利用される。
消火薬剤は、再び消火薬剤へと再利用される。
しかし、使用量は回収量の約80%である。

[廃棄物処理業者]

回収後、分解・分別され、鉄・アルミ等の資源として再利用される。
広域認定制度外ということから、消火器工業会へ引取ってもらず多用途(肥料)へ再利用される。
回収される薬剤のほとんどが再利用される。※むしろ足りないくらい


3.発生量・回収量

毎年200万本~の廃消火器が発生する。参考→消火器工業会HP

[広域認定制度]

年間発生量の65%(2010年度実績)

[廃棄物処理業者]

年間発生量の35%(2010年度実績)


4.利点・課題

[広域認定制度]

全国の消火器取扱事業者からなるネットワークによる広域的な回収網が整備されている。
環境省から是正勧告を受けた経緯があるように、コンプライアンスの徹底が課題。

[廃棄物処理業者]

「廃棄物処理法」の許可事業者であり、技術面・コンプライアンスが担保されている。
広域認定制度(消火器工業会)システムに対し、回収網構築・回収した消火薬剤の需要先確保などの競争戦略がカギとなる。


5.所感

拡大生産者責任の側面からいえば、製造事業者自らが回収・リサイクルするということには頷けます。

しかし、いったん消費者の手に渡り、その後不用となったものは廃棄物となるのですから廃棄物処理法の対象物でもあるのです。

にもかかわらず、現場サイドにおいては、明らかに廃棄物処理業者に対し排他的・独占的な仕組みになっているのを否めません。

従って、消火器リサイクル事業が拡大展開しきれないのは、このクローズドシステムがゆえではないかと思います。


世間では、グローバリゼーション、ボーダレス化などと叫ばれているのですから、消火器リサイクルシステムにおいても早く「開国」し、共同、効率化することが将来的な国益につながるはずです。

つい先日も「容器包装リサイクル法」の厳しい現状が報じられていましたが、消火器リサイクルにおいても例外はないように思います。

島国、いや業界の枠を出られないようでは、取り残され、新しい力に取って代わられてしまうのみではないでしょうか?

すでに目の当たりにしているように・・



新規事業開発(消火器リサイクル事業サポート) 地域活性化に貢献するシナジーリンク

集客支援のシナジーリンク@ザ・ビジネスモール


スポンサーサイト

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

13:55  |  消火器リサイクル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2011'09.17 (Sat)

消火器リサイクルシステムの今後②

<前回からのつづきです>


このように広域認定制度、つまり特例制度というものの不安定さが浮き彫りとなり、今後システムを継続的・安定的に運営していくには何らかの新たな施策が必要とされています。

その一つとして「参加業者(中間処理施設)の公募制」を実施することになったわけです。

しかし、個人的には、なぜ最初から行わなかったのかと不思議に思います。

もっというと、システムの稼働前はそうであったのに、なぜ稼働間近になって変えたのかと。

その理由として、バーコード読取りによる情報管理ソフトを導入したことがあげられます。

新しいシステムをスムースに立ち上げるためトライ&エラーは必須ですので、そういった意味でも最初は身内で固めたほうが動きやすかったということかもしれません。

しかし、逆にそれが仇となってしまい、環境省より改善命令を下されることになったのです。


現在の広域認定制度のように、表向きはオープンのようで実際はクローズドなシステムでは、公益性があるとはいえません。むしろ独占的な意味合いすら感じます。

今後、公益性のあるシステムとして運営していくのであれば、そこに参加する全ての人たちが同じビジネスモラルをもっていることを重視する必要があるのではないでしょうか?

ですので、既知で信用のある人の方が安心できるかもしれませんが、初見であっても志と実力のある人とも積極的に手を組むべきだということです。

つまり、許認可・免許等公的に認められた要件を満たし、その上で同じ目的を達成することに向かって協働する意思を持っていれば新規参入者であっても受け入れるべきだと思います。

例えば、弊社がご支援したお客様(廃棄物処理業者)のような。


広域認定制度の消火器リサイクルシステムにおいては、一日も早く“本当の意味で開かれた場”として再開されることを望みます。


集客・販促のお手伝い(ウェブマーケティング) 消火器リサイクル事業支援|シナジーリンク

消火器リサイクル事業サポートに関するプレスリリース



テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

15:50  |  消火器リサイクル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2011'09.14 (Wed)

消火器リサイクルシステムの今後①

当ブログでは『消火器リサイクル』に関連するキーワード検索から訪問して下さっている方が多くいらっしゃいます。

本当に嬉しいです。有り難うございます!

消火器リサイクルが認知されてきていることをあらためて感じます。



以前お話ししましたが、社団法人日本消火器工業会主導の「広域認定制度リサイクルシステム」は、不正業者の排除及びコンプライアンスの徹底等、システムの早期安定化に追われているとのことで積極的な稼働ができていないようです。

当然、新規募集業務も凍結されており、再開の目処は当分立たないとのことです。

本年度分に応募した1,500社程の業者さんは、現状どうしているのでしょうか??

広域認定制度という特例“お墨付き”制度に乗れなければ廃消火器を取り扱えない(廃棄物処理法違反となる)のですから、商売に支障をきたしてしまうのではないでしょうか??


また、今後は(ようやくといったところですが)を公募にて参加業者を募ることになったそうです。

「消火器リサイクルシステム基本規定」日本消火器工業会編 にて規定されています。

しかし、これについても、本システムが安定化された後ということで開始時期は明らかにされていません。


これまでは消火器メーカーの販売代理店等、従来からの消火器取扱事業者しか参加できませんでした。(そんなことは表向きにされていませんが)

つまり、いわゆる「ヒモ付き」または「傘下」の業者で固めたのですが、結果的にそれが失敗の元となったわけです。

その理由も以前お話ししましたね。

つづく


集客・販促のお手伝い(ウェブマーケティング) 消火器リサイクル事業支援|シナジーリンク

消火器リサイクル事業サポートに関する記事


テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

17:28  |  消火器リサイクル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2011'08.17 (Wed)

思うこと-消火器リサイクル事業にて

皆さま 残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ暑い日が続きますが、体調崩されませんようくれぐれもご注意下さい。


僕のブログで、消火器リサイクルに関する記事がよく読まれていることが分かりました。

事業として行いたい方なのか、すでに事業を行っている方なのか、またはそれ以外か。

いずれにしても「消火器リサイクル」に関心のある方が見てくれているということですね。有り難うございます。

おかげさまで弊社のお客様は、廃消火器の回収が順調に進んでおります。

回収した粉末消火薬剤についても需要先様の用途拡大計画により、さらなる需要が見込めています。

まだ詳細をお伝えすることはできませんが、消火器をリサイクルすることで日本と日本人を心身ともに元気にすることができますので、とても楽しみにしています。


そういえば、社団法人消火器工業会主導で行っている消火器リサイクルシステムほうはシステム稼動元年の一年間で問題、課題が発生し、環境省から行政指導を受けたとのことです。

理由は諸々あるようですが、かねてから環境省が口うるさくいっていたコンプライアンスの徹底が行き届いていなかったとのことです。

お国の管理下でも、というよりだからこそ抜け道を探したくなるのでしょうか?


一個人としての意見ですが、

「広域認定制度」という従うべき法律(廃棄物処理法)の規制を緩和する“特例制度”を免罪符か何かと勘違いし、真摯に取組まなかった事業者が多かったということでしょう。

そのような一部の人達の不誠実さが遅かれ早かれ体制に深刻な影響を及ぼすようになるのです。残念なことです。

“政治力”だとか“ひも付き”“傘下”とか、、、

そのような安寧とした場所を確保した(したい)のであればこそ自らの分をわきまえた行動をすべきではないのでしょうか?

それができないのであれば、はじめからその場所を望むべきではありませんね。


上記のように面倒な事態に発展したり、また、突然足元を外されたりして路頭に迷うようなことにならないためにも自立した立場にいることが大切だと思います。

“飛び級”や“ウルトラC”などは単なるラッキーに過ぎず、実力に裏付けられたものではありません。

このような考えから、弊社ではお客様の将来を見据え、社会貢献事業者として正道を進んでいただくために「廃棄物処理業許可」の取得をお勧めしております。


目まぐるしく価値観が変化する現代では、何かに頼って行き続けることなどできなくっているのですから、自ら考え、真摯に行動することが求められています。

いずれそれが自分力、つまり資産になってくれるはずですから。


集客・販促のお手伝い(WEBマーケティング)、営業支援のシナジーリンク|埼玉

リサイクル事業開発-シナジーリンク@『かすかべオラナビ』


テーマ : 意見・つぶやき - ジャンル : ビジネス

13:25  |  消火器リサイクル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2011'03.07 (Mon)

今日は何の日?

こんにちは!サムイですね~

昨日の穏やかな一日とはうって変わって、雨から雪へと真冬に逆戻りしてしまいました

花粉症の僕にとっては過ごしやすいのですが、こうコロコロと気候が変わると体調管理が大変ですね

皆さまも十分にお気をつけ下さい。


本日、3月7日は「消防記念日」です。

消防記念日とは、日本の消防に関する理解と認識を深めるために制定された記念日で、消防組織法が施行された1948年3月7日にちなんだものだそうです。

その日(今年は3日だったようです)は、消防庁において式典が開催されるとともに、消防活動に貢献のあった者に対して感謝状の贈呈等が行われるとのことです。


弊社がお手伝いしている消火器リサイクル事業も、間接的ではありますが消防活動に貢献しています。

古くなり危険性をもった消火器を回収し、安全・適正に処理するネットワークを拡げています。


また、リン酸が主成分の粉末消火薬剤を再利用することで、

省資源国である日本の資源調達・資源循環にも役立つことができるため、

日本経済、地球にも貢献することになるのです



この事業に関わるすべての方たちが幸せになるよう、誠実に着実に進んでいく所存です。

今後とも応援下さいますようお願い申し上げます。


【消火器リサイクル・消火薬剤に関するお問い合わせは、こちら】

再生消火薬剤(リン酸)、消火器リサイクル事業サポート シナジーリンク 埼玉


テーマ : 環境ビジネス(エコ×ビジネス) - ジャンル : ビジネス

13:21  |  消火器リサイクル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。